がんはなぜできるのか? 患者の過去の行いが悪かったからではありません

がんはどうしてできるのでしょうか?化学物質などの暴露が原因?がん患者さんが何か過去に悪いことをしたことが原因?それともただの偶然?皆さんがよく抱く疑問について、がん研究者として答えたいと思います。

がんができる3つの主要因

がんがなぜできるのかというのには色々な議論がありますが、すでにたくさんのことが分かってきています。がんが発生するには、大きく分けて3つの要因が関わっています。1つは、異常な遺伝子を親から引き継いだことで起こる遺伝的要因。2つ目は、ヒトが生きている間に行われる細胞分裂で偶然にできてしまう偶発的要因。3つ目は、タバコを吸ったり、特定のウイルスに感染して起こる後天的な環境要因皆さんよくご存知なのは、1つ目と3つ目になるかと思います。多くの人は「うちはがん家系だから」とか、「運動しなかったからだとか」そういうことをいう人が多いです。実際のところは、その3つはどの程度関わっているのでしょうか?

3大要因のどれが重要なのか?

Scienceで発表された研究論文の図を引用して、それぞれ3つがどの程度関わっているかをまず説明したいと思います。この研究では、数学的な解析によって、男性・女性の各種がんの発生に対して、それぞれ3つがどの程度関わっているかを計算しています。実際の研究手法などの解説は省かせてもらいますが、結論は以下の図のようになります。たった一つの研究結果ですので、これをもって絶対ですとはいえませんが、この結論はがん研究者が理解している現実と概ね一致しますので、この図を代表的な結果として説明に利用します。

まず、女性の場合です。

この図の意味は、それぞれの3つの要因が各臓器のがんに、どの程度関わっているのかを色で示しています。左の図が遺伝的要因との関係、中央が偶発的要因、右が環境要因です。赤くなっているものほど、その因子が強く関わっているという意味です。それぞれの略語の意味は、B, 脳腫瘍; Bl, 膀胱癌; Br, 乳癌; C, 子宮頸癌; CR, 大腸・直腸癌; E, 食道癌; HN, 頭頸部癌; K, 腎臓癌; Li, 肝臓癌; Lk, 白血病; Lu, 肺癌; M, メラノーマ; NHL, 非ホジキンリンパ腫; O, 卵巣癌; P, 膵臓癌; S, 胃癌; Th, 甲状腺癌; U, 子宮体癌 です。例えば、一番上のBとなっている脳腫瘍は、真ん中のみが真っ赤です。つまり、ほぼ100%が偶発的要因で起こるという解釈になります。

男性の場合も載せておきます。

B, 脳腫瘍; Bl, 膀胱癌; CR, 大腸・直腸癌; E, 食道癌; HN, 頭頸部癌; K, 腎臓癌; Li, 肝臓癌; Lk, 白血病; Lu, 肺癌; M, メラノーマ; NHL, 非ホジキンリンパ腫; P, 膵臓癌; Pr, 前立腺癌; S, 胃癌; T, 精巣癌; Th, 甲状腺癌. です。

ほとんどのがんは”偶発的要因”で起こる

上の二つの図を見てもらうと、男女ともほとんどの癌で、真ん中にある偶発的要因が大きな原因だということがわかります。真ん中の図がほとんどのがんで真っ赤になっています。

人の体にはたくさんの細胞があって、それは増殖を繰り返しながら、正常な環境を維持しています。その細胞増殖を繰り返す際に、たまたま遺伝子異常が入ることがあり、がんの種となる細胞ができます。その異常細胞は普段は免疫細胞に処理されたりして増えないのですが、なんらかの要因でどんどんと増殖してしまうことがあり、それがほとんどのがんの原因となっているということです。

がんは高齢者に多いことが知られています。この理由も偶発的要因が関わっています。高齢になるほどに、細胞分裂に伴う異常を起こす頻度が上がります。また、正常を維持する免疫機構なども徐々に低下していきます。そのために、高齢になると偶然にがんができてしまう確率が上がることになります。

これは偶然に起こるもので、患者さんが何かしたというものではないことがほとんどです。

遺伝的要因は少ない

一般の方は、「うちはがん家系だからなった」という勘違いをしています。実は、今回の図で見てもらうとわかるように、家族性でなる癌というのはとても少ないです。上の図で少し赤くなっている部分の、女性の乳癌の一部(BRCA変異)、あとは家族性大腸癌などの大腸がんの一部で見られくらいです。これ以外のがんでもあるはあるのですが、とても頻度は少ないです。ほとんどの方のがんは家族的な遺伝で起こっているわけではありません。両親に責任はありませんので、理由なく恨んだりしないでいただきたいです。おそらく、勘違いする原因の一つは、がんの発生頻度を正しく理解していないことです。がんの発生頻度は2人に1人が生涯のうちでなるほどに高いです。そのため、実は親族に何人もがん患者がいることは、決して珍しくないのですが、異常に高いと勘違いすることから来ているのではと思います。

環境要因が関わる癌

上の図で環境要因が大きな原因となっているものは、どれになるでしょうか?肺がんや食道癌、胃がん、皮膚がん、子宮頸がん、肝臓がん・膵臓がんで強い要因です。これは、皆さんもご存知のタバコや、ウイルス感染などが原因で起こるものです。タバコは肺がん・口腔咽頭がん・食道がん・胃がん・大腸がんなどの多数の癌を起こします。過度の飲酒は肝臓がん・膵臓がんなど、日焼けは皮膚がん、ピロリ菌は胃がんなど、ヒトパピローマウイルス(HPV)は子宮頸がんなど、B型・C型肝炎ウイルスは肝臓ガンと関係します。

逆に言えば、この環境要因が原因でなる癌は予防できる癌です。禁煙すること、ピロリ菌の除菌をすること、余計な日焼けを防ぐこと、子宮頸がんワクチンを打つこと、肝炎ウイルスに対して適切な治療をすることで予防できます。まだ、判明していない環境因子が関わっている可能性はもちろん否定できませんが、それらでおこる遺伝子異常には特徴があるので、そのことから考えると、環境因子が大きく関わっているがんはもうあまりないのではと考えられています。

患者の生活習慣が原因で起こるがんは何%?

日本では、がんと生活習慣の関係がとても強調されます。多くの人がほとんどの原因が生活習慣だと思っています。では、実際に日本人でがんになる人の何%くらいが、自身の生活習慣の影響で起こっているのでしょうか?先ほどのデータは日本人に特化したものではないので、過去の日本人のがん発生を調べた研究結果を見てみたいと思います。2005年の日本人におけるがん発生データを元に計算された論文があります。この結果が以下です。

生活習慣でがんの原因になるものの圧倒的1位はタバコです。男性の癌の29.7%, 女性の5%の癌はタバコが原因で起こっています。次に関わっているのが飲酒です。飲酒は男性の9%, 女性の2.5%の発生に関わっています。この二つは皆さんがご存知の通りです。では、それ以外の肥満・運動不足・野菜摂取等などはどのくらい関わっているでしょうか?これらはあまり大きな影響を与えておらず、それらを全て足しても男性の4.4%、女性の5.0%の発症に関与しています。

感染性要因はその中の一部は患者の生活習慣によると判断できるものもあるのですが、ピロリ菌のように患者が意図せずになるものも多く、また原因は患者個人というより公衆衛生対策の問題に起因するものが多いので、今回は患者の生活習慣と関連するものとはせずに含めないでおきます。

そうすると、生活習慣が主な原因で起こっている癌の割合は、男性では(喫煙29.7% + 飲酒9% + その他4.4% = 43.1%)。女性では(喫煙5% + 飲酒2.5% + その他5% = 12.5%)となります。男性の生活習慣に関わるものがかなり多い結果になっているのが、上の最初に示した図と比べて乖離があると感じる人がいるかもしれないですが、これは日本人には肺がんがとても多いため、その影響が大きくでているためです。女性の癌では生活習慣が関わるものは少ないということがわかります。

タバコを吸っている人が癌になることの因果関係は言われている通りですので、こればかりは患者の生活習慣が要因であったと言わざる得ません。しかし、喫煙を抜くと、その他の生活習慣が関わっているのは男性で13.4%, 女性7.5%しかないことがわかります。この結果でわかるのは、非喫煙者の発がんにはその人の生活習慣は大きく関わってはいないという現実です。

環境要因が主要因ではない癌はたくさんある

環境要因が大事で、それを止めることで、癌を予防しようというのはもちろん大事なことです。ただ、これをあまりに強調するために、一般の方は癌の原因のほとんどは環境要因だと思い込んでいる人が多いのが問題です。上の図を見てもらえば分かりますが、環境的要因は一部のがんの重要な原因となっていますが、実はほとんど環境要因が関わらない癌がありますし、多くの癌は環境要因よりも偶発的原因の方が強く関係しています。

多くのがんは過去の悪い行いでなったのではない

今回で最もお伝えしたかったことがこちらです。日本では、「病気=過去の行いが悪い」という因果応報説を信じる人が多く、そのことが問題を起こしています。今回お示ししたように、実際にはたくさんの癌が患者の過去の行いとは無関係に、偶然に発症しています。しかし、この因果応報説を信じる人があまりに多く、患者は何か変なものを食べたからではとか、運動しなかったからではなどと、他人から言われなき非難を受けたりします。誤解から患者を傷つけないで下さい。

多くのがん患者さんは、何か変なものを食べたから癌になったのではありません。ヒトという生き物にはどうしても癌という病気が起こってしまうのです。それはがん患者さんが悪かったからではありません。がん患者さんを何も考えずに責めるのはとんでもない間違いであることが多いことを知ってください。また、がん患者さん自身も、自分の過去の行いが悪かったのではと責める必要なんてありません。癌患者さんの過去を責めて、その心の呵責を元に勧誘するイカサマ治療などにも騙されてはいけません。

まとめ

癌は、遺伝的要因、偶発的要因、環境要因の3つで起こります。一部のがんを除いて、多くのがんの発生には偶発的要因が最も関わっています。がんの多くは、患者が何か過去に悪いことをしたから起こっているわけではなく、ヒトという生き物には長生きすると、この病気が潜在的に起こってしまうリスクがあるのです。間違った誤解から癌患者さんを責めたり、自分自身を責めたりしないでください。

遺伝的要因はごく一部の癌のみで関わります。環境要因では、タバコはとてつもない重大な原因であるのは間違いありませんが、その他の生活習慣から起こる癌の割合は一部であることを知る必要があります。割合が低いとはいえ、この環境要因で起こる癌は、現在では予防できる癌ですので、正しい情報を理解して予防することが必要です。

<追記>

4/23/2018 過度の飲酒と肝臓がん・膵臓がん を追記しました

9/28/2018 新たな情報を追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 晴れ女 より:

    とても有意義な記事をありがとうございます。
    すみません、以下細かいようですが、大切な記事なので。
    >「環境的要因も大きな原因ではない」の章の3行目、「上の図で遺伝的要因が大きな原因となっているものは肺がんや食道癌、胃がん、皮膚がん、子宮頸がん、肝臓がん・膵臓がんで強い要因です。」とありますが、「環境的要因」の間違いではありませんか?