自己紹介

Dr. Satoru の自己紹介

がん研究者。横浜生まれ。医学部卒業後に脳神経外科医となる。脳腫瘍を専門とする脳外科医としてバリバリ手術をしていましたが、現在の治療方法では多くの脳腫瘍患者を救えないことに気づき、新しい治療方法を生み出す研究に興味を持つ。その後、がんの基礎研究で高名な先生のもとに師事して、基礎研究のイロハを学ぶ。3年半前に、世界最高レベルの環境で仕事をしたいと思って渡米。現在もアメリカで脳腫瘍を治すための新しい薬剤を開発する研究に従事している。過去には、研究者のダボス会議ともいわれる「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」に、若手研究者の日本代表の一人として選ばれて参加。日本脳神経外科学会奨励賞など受賞多数。2児の父。趣味はバドミントン。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする